緑と笑顔の女性

体が老化する原因

渋い顔をする女性

テレビや雑誌などでアンチエイジングが取り上げられることが多いです。アンチエイジングを直訳すると、加齢に抵抗するという意味になるため、若返りと同じ意味で使われることが多いです。人間が老化するというのは、自然なことです。しかし、体のケア次第でいつまでも若々しくいることができます。年齢よりも体が増えてしまわないようにするために、アンチエイジングをした方が良いです。アンチエイジングの方法は様々あります。生活習慣や化粧品、医学などがあります。アンチエイジングと同じく使われることが多いのは、エイジングケアです。同じ意味なのに、使い分けられているのは、薬事法によって化粧品の広告で使用できる言葉は決められているからです。

アンチエイジングを行うことは、若々しく得るために大切ですが、アンチエイジングの方法だけではなく、老化する原因を知っておいた方が良いです。活性酸素の増加は、老化する原因の1つです。活性酸素とは、最近やウイルスを攻撃する役割を持っている、重要な酸素のことです。しかし、攻撃力が強いため活性酸素が増加し過ぎてしまうと、細菌やウイルスだけではなく、正常な細胞や遺伝子を攻撃してしまい、老化を早めてしまう原因になるのです。紫外線、喫煙、飲酒、ストレス、食品添加物などによって、活性酸素は増えていきます。活性酸素が増えるのは、どうしても避けられないものですが、増加しすぎて老化を早めないようにするために、規則正しく生活することが大切です。

肌老化の原因として、コラーゲン減少があります。コラーゲンがあることで、弾力ある肌を実現できますが、減少してしまうと、肌のハリがなくなりシワやほうれい線が目立ってしまいます。コラーゲンの減少や、活性酸素増加と同じく紫外線が原因となります。そのため、日焼けをたくさんした人は、シミが多かったり、しわが多かったりするのです。アンチエイジングを心がけるなら、しっかりと紫外線ケアをすることが大事です。日焼け止めを塗ったり、長袖やサングラス、帽子などを着用したりして、肌から紫外線を守るようにしましょう。